栗・家

STAFF BLOG ~今日も栗・家の時間~

カレンダー: 2017年4月7日

石原 石原

中間テスト(?)

お久しぶりです。皆さん、お花見には行かれましたか?

いよいよ暖かくなって、春本番ですね。

早速ですが、現場報告です。

現在、三木町で建築中のM様邸。この物件は高断熱・高気密住宅として計画されています。

快適な家で暮らすための条件は色々ありますが、

今回、お客様から出された条件の1つが高断熱・高気密でした。

高断熱とは断熱材の厚み、性能を高めて外気の影響を受けにくくする事です。

本工事の場合 基礎部分は基礎の外側に100mmの断熱材を施工して

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁には柱間に断熱材を充填して、さらに外壁側に厚さ100mmの断熱材を付加しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天井は厚さ100mmの断熱材を三層にして、厚み300mmとしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう1つの条件、高気密とは各部材間の隙間を少なくして

気密性を高めて冷暖房の効率を良くして、省エネルギー性を高めることです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気密性を表す基準として、隙間相当面積(以下C値)というのがあります。

これは家全体の隙間面積(㎠)を延床面積(㎡)で割ったもので、この数値が

小さいほど気密性が高くなります。

目安として寒冷地で2㎠/㎡、それ以外の地域で5㎠/㎡という数字があります。

このC値は測定機器によって調べますが、

先日、断熱材メーカーの協力で気密測定を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

栗・家スタッフ、施工担当の大工さん、もちろんお客様も立会いされました。

初めての施工方法もあり、勉強しながらの作業だったので不安もありましたが

測定結果は・・・まさかの 0.1㎠/㎡ double exclamationdouble exclamationdouble exclamation

これには測定をしてもらった、メーカーの人達もビックリdouble exclamation

『栗・家さん、初めての施工なんだからツッコミ処満載のつもりだったのに

逆の意味でガッカリ…(笑)』というお褒めの(?)言葉をいただきました。

この結果には契約の際、C値1.0未満とする事・さらに努力目標として0.5という

数字を掲げていたお客様も大満足グッド (上向き矢印)るんるん (音符)

担当大工・栗・家のスタッフも、ほッと胸をなでおろしました。

工事は今後、内装・外装仕上げ工事へと進んでいきますが、

今回の結果に慢心することなく

お客様のさらなる満足度のUPを目指して工事を進めていきたいと思います。手 (グー)

 

るんるん (音符)こちらのお家は4月16日(日)に構造見学会を開催します。

「一年の内、一日たりとも“寒い”と感じたくないんです」

というお施主様のご要望にお応えしました。

驚きの断熱工法を現地でご覧下さい。

ダイヤ見学会についての詳細はこちらから次項有

Contact

  • 087-848-6999
  • お問い合わせ・資料請求

〒761-0441 香川県高松市由良町86-1

香川県道10号高松長尾大内線沿いにあります!